2015年12月

2015年12月23日

やっぱり

かっこよくて、素敵で、人が集まる中で遠慮して。
一言も話せなかったけど。
仕方ないのかな、もっと方法はないのかな。

長くなってきたけど相変わらず大好きで、泣きたくなるほど触れたいのは自分の制御ができないだけ。
ほんとは他の人は触れないでほしくて。

毎回付き合ってないとか、付き合う気はないとか言われるたびに、事実だけど傷ついて、、、
かといって、付き合いたいのかといえば、あの人の価値観にはまだ及べないと遠慮してしまう自分。

時間がかかることをもっと受け入れなければいけない。
なにせ、自分のペースが遅いんだから。

それでも二人きりの時は、形すら意識せず、穏やかで幸せで。
それが過ぎると不安になるの繰り返し。

身体を重ねてる時が一番幸せなんて、破綻してるんだろうか、そもそも。
ああいう時間を普段でも出せないものなんだろうか。
それが自分の力量で、ずっと変わらないでいるんだろうな、、、。
ちょっと悲しい。

でも二人きりならちゃんと気持ちを通わせられるって思ってる。

たまには安心させてもらえるような言葉もほしいよ。
一緒にいてくれること自体が、その表れなのかもしれないけど。

早く側にいきたいよ。
触れたいよー。

あの人はきっとそんな風には思わないんだろうな、、
いつも私ばかり、、って、ならないようにしたいなぁ。



amo0323 at 23:42|Permalink
楽天市場